業者に冊子印刷を発注するために気を付けるポイントとは

本

冊子印刷が初めてでも安心して依頼できる

冊子印刷は種類の多さはもちろん、少ない部数からたくさんの部数まで作りたいものによって違いがあります。だから初めてチャレンジするとなると下調べをしながら慎重に進めていこうと思うかもしれませんが、用途の目的が固まっているのなら雛形に沿って作れば良いため意外と難しくはないのです。もしそれでもわからないことがあったり、まずは気軽に作って実物を見てから本番で大量に作りたいと考えるなら、冊子印刷の業者に依頼して作りましょう。
一工夫加えて自由に注文できるシステムとは別に、用途に合わせてあらかじめ決められたセットで作るコースを選んで完成させるサービスを提供している業者が多いです。セットとは表紙と本文と製本方式と加工法を指します。冊子印刷の仕様ができているためあとはページ数や部数などを自分で指定すれば簡単に費用がわかるというわけです。そしてその仕様に適合するデータを入稿して印刷を待つのみとなります。
渡した入稿データに問題なくサンプルを確認し、了承した日を基点として手元に届く日が確定するケースが多いので、冊子印刷はなるべくゆとりを持つことを心がけると安心できます。何を印刷するかによって同じ業者でも納期が変わるため、サイト上で確認か注文の際に聞いておくのを忘れないことが大切です。

役立つ冊子印刷のための情報について

冊子印刷を行う場合、まずオンデマンドかオフセットかを選べるようになっています。ネット印刷サービスでは主に、注文する冊数に応じて使い分けていますが、これはオンデマンド印刷にはオフセットのような刷版作業が不要であることが理由です。ただし、一定の枚数を超えるとオフセット印刷の方が圧倒的に料金は安くなります。
オンデマンドとオフセットの違いは単に料金だけではありません。と言うのも、両者は印刷方式が全く異なるからですが、オンデマンドはプリンターに近い仕組みで印刷しています。トナーから用紙に直接吹き付ける方式なので、オフセットと比べるとどうしても精細さには欠けることになります。けれども印刷までのスピードが極めて速いので、早急に冊子印刷を必要とする場合には便利です。
一方でオフセット印刷は少部数での注文の場合は、料金は割高となってしまいます。けれども高品質に仕上がるので、パンフレットや美術印刷には必要となります。色合いにこだわるのであれば、細かな色調調整ができることも利点と言えます。このように注文枚数だけで決めるのではなく、それぞれの特性を把握した上で選ぶことによって満足度の高い冊子印刷を頼めるようになります。

冊子印刷の画像は何故原稿と違うのか

冊子印刷を注文して納品されたものを見た時に、原稿の画像と色味が違うというケースがあります。これは冊子印刷を低料金で注文できる通販型のネット印刷サービスで見られる現象ですが、2つの理由があります。
まず1つはネット印刷サービスの場合、細かな色調整には対応していないことが多いことです。実は入稿する画像データは通常、RGBと呼ばれる方式で記録されています。けれども印刷では、これをCMYKと呼ばれる方式に変換しなければなりません。シアンとマゼンタ、イエローとブラックを意味しますが、これは印刷で使用する基本の4色となっています。そしてこのデータ変換を行う過程で、色味が若干変わってしまうというわけです。本来はこれを製版作業で修正をするわけですが、どうしてもオリジナルデータの通りの色合いが出ないことがあります。これが仕上がりの色味が違うということにつながるわけです。
そしてもうひとつは、オンデマンド印刷で仕上げていることが挙げられます。オンデマンドは色の安定性に課題があります。工場の室温なども関係しますが、オフセットのように細かく調整することはできません。そのために製版でオリジナル画像に違い色味を出せたとしても、冊子印刷で仕上げる際に変わってしまうということになります。


冊子印刷のことなら【協友】にお任せ!こちらでは、細かい冊子の製作をスムーズに行ってくれるので、おすすめです!低コストなことも人気の理由です!

冊子印刷で選ぶべき用紙について

冊子印刷では実に様々な印刷用紙を選ぶことができます。ただしネット印刷サービスの場合には、コスト削減のために用紙の種類を限定しているとこ…

ターゲットを明確にして冊子印刷をする

「冊子印刷」で大切なことは、ターゲットに合っているかです。読む人に合ったデザインを意識して制作すると良いでしょう。10代、20代の若者…

納得のできる冊子印刷をするための知識とは

通販型の印刷サービスが普及したことで、冊子印刷は誰でも簡単に注文できるようになっています。仕上がり自体は綺麗ではあるけれど、希望するよ…

冊子印刷で品質を高めるコツについて

冊子印刷で高い品質を求めるためには、2つのアプローチがあります。まず印刷品質そのものが高いことと、求める品質が得られることが挙げられま…

見所一覧